• ホーム
  • 生き生きとした目元になりたいなら!まつげ育毛剤の正しい使い方

生き生きとした目元になりたいなら!まつげ育毛剤の正しい使い方

笑顔の美人

まつげ育毛剤を使用することで、まつ毛を成長させることが可能です。しかし間違った使い方をしてしまうと、思うようにまつ毛が育たないもしくはまぶたにシミができるなどの問題が出てくるかもしれません。正しい使い方をすることが、まつげ育毛剤の効果を期待するために大切なポイントの1つです。1つずつのステップを確認しながら、どのような点に気を付けて使えばいいのか考えていきましょう。

最初に押さえておきたいポイントの1つが、塗る前にまつ毛をきれいな状態にするという点です。きれいにするのは当たり前と感じる方もいますが、実は意外と守れていない方が多いポイントなのです。もしもまつ毛にメイクや汚れなどが残った状態でまつげ育毛剤を塗ってしまうと、成分がうまく浸透しません。得られる効果も弱くなってしまうので、きれいにしてから使うことを忘れないようにしましょう。

また忘れてはいけないのが、決められた量を塗るようにするという点です。多めに塗ることで、すぐにまつ毛を長くすることができると思っている方もいるかもしれません。ですが多く塗ったからといって、効果が高くなることはないのです。効果が高くなるどころか、生育を阻害したり、色素沈着などの問題点が出てくることもあります。そのようなことを防ぐために、適量を使うことを忘れないようにしましょう。

実際に塗るときは、綿棒や専用の道具などにまつげ育毛剤を1滴垂らして使うだけで十分な量となっています。もしも多めに垂らしてしまったという場合には、まつ毛につける前にティッシュなどで拭きとるようにしましょう。またまつげ育毛剤の成分がまぶたや頬などに付着すると、色素沈着してシミができる可能性もあります。ついてしまわないか不安なところがあるなら、事前にワセリンなどで保護しておくのも1つの手です。

まつげ育毛剤を使う時間帯は、基本的に寝る前の夜がベストになっています。寝る前であれば、メイクを落とした状態でしっかりとまつげ育毛剤を浸透させることにつながります。

夜寝る前に塗るのが大切な理由には、まつ毛のゴールデンタイムが関係しています。夜の時間帯というのは、まつ毛が成長しやすいゴールデンタイムでもあるのです。そのタイミングに成分を浸透させておくことで、より良い形でまつ毛の成長を促すことにつながります。まつ毛が成長できる環境を整えるために、良質な睡眠を確保することも重要なポイントの1つになっています。