• ホーム
  • 大きなトラブルに発展することも!まつ毛ダニの症状が出たら早めに対処

大きなトラブルに発展することも!まつ毛ダニの症状が出たら早めに対処

まつ毛に寄生するまつ毛ダニというものが存在しているのを知っていますか。実はこのまつ毛ダニというのは40代の5割、70歳以上の約8割に寄生しているという調査結果もあるものです。自分には関係ないと思っていても、将来的には関わってしまう可能性もあります。そこでどのような点に注意が必要になるのか、考えていくようにしましょう。

まつ毛ダニというのは、家の中のホコリに住んでいるものや動物の皮膚に寄生するタイプとは異なります。名前の通りにまつ毛の中で生活していて、その中に卵なども産んでいるのです。年齢と共にまつ毛ダニを持っている人が増えていることから、寄生されているだけなら大きな問題にはなりません。基本的には無害といえますが、状況によっては大きなトラブルに発展するリスクもあるので注意しましょう。

実際に寄生されている場合でも、症状は何もでないという方も多く見られます。寄生しているダニの数が少ない場合であれば、症状もなく普段通りに生活することが可能です。しかしダニの数が多い場合には、まぶたがただれたり充血してしまうこともあります。さらに肌荒れなどが酷い場合には、まつ毛ダニが以上に増えている可能性があるので注意が必要です。

自分のまつ毛に寄生しているダニの数が増えたら、アレルギー反応を起こしてしまうケースも見られます。かゆみや炎症を引き落とし、まつ毛の毛穴に生息されることで抜けやすくなるかもしれません。もしも何らかの目の異常を感じるなら、1人で悩まずに専門家の診察を受けるのも1つの手です。

年齢を重ねるとともに、誰でもまつ毛ダニが生息する可能性は高くなります。そのため対策を考えるのであれば、どのような原因で増えるのか把握することが大切です。例えばまつ毛ダニが増えやすい状況の1つに、顔を洗わないことや強い薬を目の周りに付けているなどの点があげられます。目をこする回数が多い方も、ダニが増えやすい環境を作っていることになるので注意しましょう。

万が一ダニが増えてしまった場合、減らすことは簡単なではありません。手術などで対応してもらうこともできますが、長期的な対応が必要になるので注意が必要です。まつ毛ダニが増えにくい環境を作るためにも、顔は丁寧に洗ってきれいな状況を保ちましょう。ただし何度も効果の強い石鹸で洗うと、環境が悪くなってしまう可能性もあります。ちょうどよい強さで刺激が強すぎない洗顔料を使って洗うことが、まつ毛ダニの対策では重要です。