• ホーム
  • フサフサしたまつげには憧れるけれどまつげ育毛剤に副作用はあるの?

フサフサしたまつげには憧れるけれどまつげ育毛剤に副作用はあるの?

きれいな目元

フサフサしたまつ毛を目指したいというときは、まつげ育毛剤を利用するのも1つの手です。まつげ育毛剤を利用することで、薄いまつ毛などで悩んでいる方の悩みも解決できるかもしれません。悩みが解決できる可能性がある一方で、注意しなければならない点もあります。その注意点の1つが、医薬品であるため安全に使うようにするという点です。安全に注意しないと、副作用のリスクが高くなってしまうので注意しましょう。

実際にまつげの育毛剤を使っている方に多い副作用の1つに、目の充血があげられます。中には角膜障害を起こしてしまう可能性もあるので、痛みやかゆみなどの症状が持続したら病院で診察をしてもらうことが大切です。充血などの症状を起こしてしまう理由の1つが、まつげ育毛剤の成分が誤って目に入ってしまうということです。

使われることが多いまつげ育毛剤の中には、元々は緑内障の点眼薬だったというものもあります。点眼薬なので目に入れても問題はないのですが、健康な人だと充血などの副作用が出るかもしれません。まつげ育毛剤として使うなら、目に入ることがないように気を付けて使いましょう。さらに目に入ってしまうと、眼圧が下がってまぶたがくぼむなどのリスクもあるので注意が必要です。

ほかにも注意しなければならない副作用の1つに、色素沈着があげられます。まつげ育毛剤に含まれている有効成分によって、メラニンの生成が活発になります。メラニンの生成はまつ毛を濃くするのには大切ですが、まぶたに付着すると色素沈着などのリスクがあります。頬などに付着したらシミができることもあるので、まつ毛以外には付着しないようにしましょう。

初めてまつげ育毛剤を使うときは、まぶたなどに付着しないか心配ということもあるでしょう。そのような場合には、まつげ育毛剤を塗る前にクリームなどでまぶたを保護しておくのも1つの手です。さらにほかの部位に付着するのを防ぐために、上まつ毛のみに塗布するのもポイントの1つです。

実際にまつげ育毛剤を使うとき、多く塗れば効果も高くなると思っている方もいます。しかし多く塗ったからといって、効果が高くなることはありません。効果が高くなるどころか、まつ毛が変な形で成長してしまうなど別の問題が出てくる可能性もあります。きれいなまつ毛を目指したいと考えているのであれば、1日1回適量を塗布することを忘れないようにしましょう。塗布する前に洗顔して、きれいな状態で塗ることも大切です。